#1

光強度とクラス

in Here is your first Forum Tue Jul 25, 2017 3:59 pm
by laserscheap • 7 Posts

カラス撃退光強度とクラス表示について

レーザーポインターの安全に使用するためには、日本の法規制であるJIS規格に基づいたものを選ぶ必要があります。最大出力は1mW未満となる、JIS規格のクラス1~2が望ましいでしょう。
クラス1
http://www.laserscheap.com/laser-safety-goggles/p-18.html
クラス1は0.2mW前後の出力で、100秒間直視し続けても安全と言われるレベルです。主に玩具用と使用されている規格で、PSCマーク認定レーザーポインターとなります。
クラス2

レーザー ポインター 安い

クラス2の出力は1mW未満で、0.25秒未満までは直視しても安全に使用できるレベルです。主にプレゼンテーション用として活用されており、PSC認定レーザーポインターとなります。
クラス3~4
http://www.laserscheap.com/laser-module/p-16.html
緑色レーザーポインタークラス3~4までは1mW以上の出力となり、これ以上のクラスは2001年より法規制され、製造販売や輸入販売ができなくなりました。直視すると眼に影響を与えたり、火傷などの皮膚障害を及ぼしたりする危険性があります。

ちなみに、現在使用ができるクラス1とクラス2ですが、大気中で見えるのはクラス3以上であり、1と2は軌道上で目視することはできません。

注意したいのは、赤色レーザーポインター日本の基準と海外基準では光強度が異なる場合もあることです。使用する場合は必ずJIS規格に基づいたものを選ぶようにしましょう。

<まとめ>

さまざまなタイプのあるレーザーポインターですが、業務用として入手するなら、緑色光のものが適しているといえます。安さだけで選ぶのではなく、暗い場所でも見えやすい色なのかよく比較してみたり、光強度の違いも比べてみたりして、安全な商品を選ぶようにしましょう。 簡易的な使用であれば、玩具でも採用されている赤色光がおすすめです。
http://www.laserscheap.com/laser-module/p-15.html

赤色光よりも視覚的に見やすいとされている緑色光のグリーンレーザーを搭載しています。明るい部屋でも使用できます。
緑色の光線が約200m先まで照射できます。(夜間時※使用環境により異なります)
照射中は手元のボタンが点灯するので、暗い場所でも照射しているかどうか一目でわかります。
先端部を回すと、猫レーザーポインター形状を丸形・矢印形の2パターンに変更できます。
クリップ付きの小型サイズです。胸ポケットに入れるなど手軽に持ち運ぶことができます。

Scroll up


Visitors
0 Members and 1 Guest are online.

We welcome our newest member: sexdollxing xin
Board Statistics
The forum has 34 topics and 34 posts.